ロシアの文豪ゴーゴリの小説をモチーフした、奇想天外なとその持ち主のお話。

コワフの消えた鼻 牧野良幸 さく
大型本、32ページ 定価1,680円(税込み)
Amazonで見る(第二刷出来)

コワフは、いばりんぼうの市長で、いつも街の人たちをどなってばかり。そんなある日、コワフの顔からが消えてしまいました。

あわててを追いかけ街にでるコワフ。しかし、はコワフの怒りをよそに、スケートをしたり、パン屋を手伝ったり。

怒ったコワフは、街中にを探すビラを配り……。

街中の人たちを巻き込んで、奇想天外なの追跡劇。さあて、はもどってくるのでしょうか……。

ページの上に戻る