Amazon
楽天市場
Tower Records
「もはや戦後ではない」と言われた高度経済成長期に、
愛知県岡崎市で子ども時代を過ごした少年時代の、
懐かしくもほろ苦い思い出を詰め込んだイラスト・エッセイ。
怪獣映画、テレビ、漫画、プラモデル、音楽、そして大阪万博……。
日本の昭和少年たちに共通する“記憶”を刻みこんだ一冊!

少年マッキー 僕の昭和少年記 1958 - 1970
絵と文・牧野良幸
仕様:A5判/264ページ
定価:2,100円(税込)(本体:1,909円)
発売:2020年9月14日

Amazon
楽天市場
Tower Records

第1章 ぼんやりとした記憶の中で
1958年 - 1963年(昭和33年-昭和38年)幼稚園まで

第2章 東京オリンピックとテケテケテケ
1964年 - 1965年(昭和39年 - 昭和40年)小学一年生・小学二年生

第3章 テレビ、怪獣、プラモで真赤に燃えた日々
1966年 - 1967年(昭和41-昭和42年)小学三年生・小学四年生

  • ガメラが登場、そしてあの魔神も
  • レストラン吉野で乱闘?
  • 石屋町の思い出
  • おとうちゃんのアトリエ
  • おとうちゃんのヨーロッパ旅行
  • 康生のシティ・ボーイ
  • 鼻血を出しても欲しかったグリコの懸賞品
  • 子どもたちを熱狂させたサンダーバード
  • さようならゴジラ、こんにちはアンヌ
  • プラモデルの思い出
  • 駄菓子屋の〝三角ババア〟
  • 転校生と岡崎市民会館
  • 天才バカボンと週刊少年漫画誌
  • グループ・サウンズとモンキーズ
  • 楽しい冬休み

第4章 カラーテレビとラジオは僕の偉大な一歩
1968年 - 1969年(昭和43年-昭和44年)小学五年生・小学六年生

第5章 丸坊主は見た、万博、車、UFO 
1970年(昭和45年)中学一年生

巻末・岡崎今昔物語 with オカザえもん

少年マッキー 僕の昭和少年時代 1958 - 1970
絵と文・牧野良幸
仕様:A5判/264ページ
定価:2,100円(税込)(本体:1,909円)
発売:2020年9月14日

Amazon
楽天市場
Tower Records