少年マッキー 僕の昭和少年記 1958-1970
「もはや戦後ではない」と言われた高度経済成長期に、
愛知県岡崎市で子ども時代を過ごした少年時代の、
懐かしくもほろ苦い思い出を詰め込んだイラスト・エッセイ。
怪獣映画、テレビ、漫画、プラモデル、音楽、そして大阪万博……。
日本の昭和少年たちに共通する“記憶”を刻みこんだ一冊!
さらに詳しく

絵と文・牧野良幸
仕様:A5判/264ページ
定価:2,100円(税込)(本体:1,909円)
株式会社シーディー・ジャーナル

牧野良幸 出版本

僕の音盤青春記 1971-1976(第二刷)

“聴くだけロック”少年だった牧野氏が中学、高校で出会った、70年代の音盤の数々を青春の思いでとともに、“超私的”な視点で描くイラスト・エッセイ。(2007年刊)

僕の音盤青春記 Part2 1976-1981

大学、そして社会人になった牧野良幸が出会った音盤の数々を、ちょっぴり情けない、でも笑えて泣けるエピソードとともに“超私的”な視点で描くイラスト・エッセイ。(2011年刊)

僕の音盤青春記 花の東京編 1981-1991

80年代、アズ数のアーティストや音楽、そしてレコード屋CD、オーディオ機器などに慰めながら、イラストレーターとして自立するまでを描く反バブリーな青春物語。(2017年刊)

オーディオ小僧の食いのこし 総天然色版

本書は2009年3月、共同通信社より発行された『オーディオ小僧の食いのこし』の増補改訂新版。初出時モノクロページだったものをオールカラーに改訂。あわせて書き下ろしを3本追加。(2018年刊)

僕のビートルズ音盤青春記 Part1 1962-1975 品切れ

まだ存在すら知らなかった幼稚園時代から、ビートルズの虜になった中学・高校時代まで、ビートルズの音盤とともに過ごした14年間を振り返る、「僕の音盤青春記」の姉妹編。(2105年刊)。

僕のビートルズ音盤青春記
Part2 1976-2015

ビートルズ熱がいっ時冷めた大学時代から、再び彼らに夢中になり、ついにポール・マッカートニーのリヴァプール公演と武道館公演を体験するまでを追った第2弾。(2016年刊)

オーディオ小僧のいい音おかわり

共同通信社発行の『オーディオ・ベーシック』誌で人気を博したイラスト・エッセイ「オーディオ小僧の食いのこし」に、新たに50本以上のイラスト・エッセイを追録。(2016年刊)

牧野式高音質生活のすゝめ

WEBサイトSACDラボで人気の高音質レビューを中心にまとめた、全国30万人の“中高年高音質ソフトこだわりオヤジ御用達”のムック。(2013年刊)

オーディオ小僧の食いのこし

絶版。イラストをカラーにした増補改訂版『オーディオ小僧の食いのこし 総天然色版』が発売中。

カフカ「変身」
翻案 酒寄進一/画 牧野良幸

あーあった
文 伊東比呂美/え 牧野良幸

あみださま大修理
文 宮村田鶴子/え 牧野良幸

ページの上に戻る