牧野良幸の本

オーディオ小僧のいい音おかわり僕のビートルズ音盤青春記僕の音盤青春記1牧野式高音質生活のすゝめオーディオ小僧の食いのこしカフカ変身コワフの消えた鼻The magic fluteあーあったかしこいめぎつねあみだ様大修理
オーディオ小僧の食いのこし

アポロ11号、大阪万博…、そしてオーディオブーム! あの頃が懐かしくよみがえる。 昭和から平成までオーディオに明け暮れたオーディオ小僧。 『FMfan』『オーディオベーシック』で連載をしていたイラストエッセイが 単行本になりました。

オーディオ小僧の食いのこし
絵と文 牧野良幸
共同通信社 AUDIOBASIC特別編集MOOK21
A5判2色刷り 224ページ
定価1,680円(税込)

オーディオ小僧とは?

オーディオ小僧はオーディオが大好き。
しかしミーハーゆえに本格的なマニアに
なりきれないのが哀しいところ。
いつまでたってもオーディオの美味しさを
追及しきれない小僧なのです。
本書は、そんな小僧の数々の食いのこし(悔いのこし)を描いた、昭和~平成オーディオクロニクルです。

Amazonで見る

第1章 オーディオ事始め 
─60年代、オーディオへの目覚めと、懐かしのオーディオ 
オーディオ小僧が“小僧”になる前のオーディオ体験。昭和40年代初めのSPレコード、ソノシート、東芝ラジオIC70が登場。
  1. 始まりは遠い記憶のかなたから
  2. 黒船前夜
  3. 隣のステレオはよく見える?
  4. やってきた未来、FMもこんにちは

第2章 オーディオ竜宮城
─70年代、エアチェックとレコード録音がもてなす至福の世界
70年代オーディオブーム。FM雑誌を片手に、オープンリール・デッキ、カセットデンスケでエアチェックの日々。
  1. FM誌はオーディオ指南書
  2. オープンリールの世界
  3. たった一度のデンスケ劇場
  4. カセット道
  5. エアチェックは他流試合
  6. 苦しくも楽しいレコード録音
  7. オーディオ小僧の正餐 
  8. 他5編

第3章 オーディオ奮闘記
─夢と挫折に彩られた70年代オーディオ生活と、FM誌の終焉
4チャンネルステレオの登場から、FM誌の廃刊まで、オーディオに一喜一憂する日々。
  1. 4チャンネルのおとしまえ
  2. レコードはハードボイルドに
  3. 我らレコードクリーニングの囚人
  4. 元祖デスクトップオーディオ
  5. 普通の男の子に戻りたい
  6. 懲りました、スピーカー作り
  7. FM三国志
  8. 他3編

第4章 オーディオ新世紀
─デジタル時代、防音室からAVまでオーディオの世界は広がる
90年代から現在のオーディオ。団地のヘッドホン生活から防音室、SACDマルチチャンネル、ホームシアターまで。
  1. オーディオ小僧のCD整理術
  2. オーディオ小僧のiPod
  3. ネットオークションで昔のおとしまえ、つけさせていただきます
  4. オメーはずっと〈7時半の男〉
  5. 防音室を作る
  6. SACDはいいっす
  7. ホームシアターへの道
  8. ハイエンドの森の案内人たち
  9. 他8編

で、70年代音楽事情が、
ハードからソフトまで、立体的に読めます。
Amazon Amazon